2019牡牛座満月

2019年11月12日22:34ころ

牡牛座で満月を迎えます。

今回の満月の特徴は 幾何学図形の数の多さです。

図形が織りなす牡牛座満月の

神秘の配置をみてみましょう。

2019牡牛座満月の配置

今回の満月は幾何学図形の多さが特徴です。

なかなかみかけない図形もありますから

確認していくと理解が深まるでしょう。

幾何学図形が多い特徴どおり

非常に神秘的な力に包括されながら

時間の進みを実感していくかもしれません。

 

今回の満月図からすると

今の時間のすすみとしては

安定を選択するときではなさそうです。

徹底的な努力を行い過去から変容していく。

その境界として

今回の牡牛座満月が

過去と未来の1つの区切りの

タイミングであると思っていいです。

 

今までびくともしなかった

開かずの扉がやっと動き

わずかな隙間から光が入る

そんな満月になりそうです。

 

その完成を象徴するものとしては

たとえば継続してきてやってきた

ことに対するスキルや能力の完成を

意味するでしょう。

 

そしてMCに重なる天王星から

新たな視点がもたらされ

それに伴う現実的な恩恵が

木星から入る人も多いでしょう。

 

今は水星逆行中です。

くれぐれも受取拒否には

注意してください。

 

今回は水星逆行の「水星」の

使い方が顕著に2極化している

という印象を受けます。

水星をコントロールできる力。

 

水星とは知性を意味する星ですが

本来、水星が意味する知性とは

どんな感情にも左右されるもので

はありません。

たとえば

感情を伴わない知性とは

どういうことか?というと

一番分かりやすい例をあげると

すれば書物です。

 

けれど私達が普段から

口語で扱う知性とは

感情のままに言葉を発している

ということがとても多いものです。

 

そうした場合

そこに還るものとしては

やはり感情になるのではないでしょうか。

そうやって不和や争いが起きていく。

けれどそれは本来の知性とは

ズレたもの。

 

水星逆行のとき

しかも今回は蠍座水星で

太陽と重なっていますから

とくに各々の今の水星の

コントロール力と

自分自身の等しさが

目に見えない世界から

あらわにさせている印象です。

 

水星の支配星座とは

双子座と乙女座。

この2つの星座を正しく理解し

使えているか?ということですね。

 

 

星座の象意を正しく把握し

古代の智慧を活かせた場合

水星をしっかりコントロール

できているのではないでしょうか。

 

 

そしてその水星の力が

ひとつのスキルとして

いったん完成となるでしょう。

水星逆行つまりは水星の克服。

 

 

10ハウスにある満月と

水星の180度が

やっと水星を理解して

やっと10ハウスまで

昇格をしたような

そんな月にも見えてきます。

 

 

水星の発言を安易に考え

感情でつっぱしる人のほうが

大半なのですが

水星は本当に大事であり

かつ難しいのですね。

 

これからの時代の流れからしても

一人一人が自立をし

社会の責任を担っていかなければ

ならない。そうなれば

感情の水星ではなく

知性としてのレベルまで

水星を鍛えあげる必要があること。

 

では水星とはどういう星なのか??

そのために古代の英知を学び使い

「水星」という天体を

より深く理解をする。

 

その意図は冥王星であるでしょう。

今の社会の問題の根本は何であり

それが分かっているならば

何者の水星にも左右されず

やるべき義務に集中する。

冥王星と土星がしっかりと

月と水星を支えていきます。

 

 

今回の満月は

ラッキーが届いている人も

多いはずです。

木星と天王星の幸運に

感謝をしていくといいでしょう。

 

 

そして次の射手座新月に向けて

物事に対し肯定的な視点

寛容であること

寛容と責任を使いこなすこと

小さな視点に合わせることなく

広い視野を選択していくこと

 

 

そして次の射手座新月へむけて

突破力が発揮できるように

新しいスキルや能力を再び

身につけていくことに

集中していきながら

力を蓄えていくといいでしょう。

最新情報をチェックしよう!

新月と満月の最新記事8件

>西洋占星術 基礎総合講座 全6回

西洋占星術 基礎総合講座 全6回

占星術の基礎知識である 星座(サイン)、ハウス、天体 角度(アスペクト)の意味を総合的に 学んでいく少人数制のレッスンです。