2020年の月食と日食のスケジュール🔰はじめてでも分かる天文知識☽日食と月食ってどんな現象?

2020年の月食と日食のスケジュール

2020年の月食と日食のスケジュールです。
月食と日食は社会的に重要な出来事が起こりやすいときです。


また個人の転機的な出来事とも関わる場合が多いので
ネイタルチャートとあわせて考えていくことを
おすすめします。

2020年1月11日 かに座満月
半影月食(2020年の1回目の半影月食 4:10 半影食の最大)

2020年6月6日 いて座満月
半影月食(2020年の2回目の半影月食 4:25半影食の最大)

2020年6月21日 かに座新月
金環日食(部分日食)

2020年7月5日やぎ座満月
半影月食(日本では見られない)

2020年11月30日 ふたご座満月
半影月食(3回目18:43に半影食の最大)

2020年12月15日 いて座新月
(チリ、アルゼンチンで皆既日食)

日本で日食現象が見られないならば
その時の日食の影響力は弱いとはなりません

日食や月食はなぜ重要なのか?

日食や月食が起こるのは黄道(太陽のとおり道)と
白道(月のとおり道)の交点付近です。
占星術では黄道(太陽の軌道)と白道(月の軌道)の交点は

ノード軸です。つまりはドラゴンヘッドとドラゴンテールです。

占星術ではドラゴンヘッドとドラゴンテールというのは
両方とも過去世が関わるとされています。

日食と月食は社会的に重要だったり時には危機的な出来事も
起こりやすいときです。
日食・月食のあたりのニュースに着目してみたり
ネイタルチャートもあわせて分析してみるといいでしょう。

月食ってなんですか?

地球には太陽から反射された影があり、その影の中を月が通過することで
月の見え方が暗くなったり、欠けたりする現象を月食といいます。
影の中を逸れているときは月食は起こりません。

地球の作る影は2種類あり半影(はんえい)と本影(ほんえい)があります。

半影月食ってなんですか?

半影月食は月が地球の半影に入るということです。
満月の半分くらいが半影の部分にかかるくらいなので
少し暗くなる程度なので分かりづらい月食です。

皆既月食ってなんですか?

月の全てが本影の中に入ることを皆既月食といいます。
一部分だけが本影に入ることを部分食といいます。

日食ってなんですか?

日食というのは月が太陽の前を横切ることで太陽の一部が隠されて見える現象です。
太陽の隠されかたによって呼び名が異なります。

呼び名は次の3つです。
部分食―太陽の一部だけが隠されることを部分食といいます。
皆既食―太陽の全てが隠されることを皆既食といいます。

金環食―月よりも太陽がはみだしており金の環(わ)のように
リング状に光が見える現象です。指輪のリングのように見える状態です。

金環日食と皆既日食の前後では必ず部分食は見られます。

 

金環日食が見られる直前や直後には
光のビーズのように見える現象「ベイリーズビーズ」という光が
途切れ途切れにつながっている現象が見えます。

2020年の6月21日のかに座新月金環日食(部分日食)の場合

6月21日の金環日食は日本では石垣島(いしがきじま)で90%
西表島(いりおもてじま)で91%が月に隠され細い三日月状の太陽となります

 

※日食は見られる場所が限られているのは
食帯(しょくたい)という見えるエリアがあるからです。

6月の食帯は台湾を横断します。その横断地点である
台湾の嘉義市(かぎし)では14:49ころから太陽が欠け始め

太陽がしだいに細くなり16:13ころに金環が出現するとされています。
しかし約1分後には金環が途切れて終了。
その後太陽は元の丸い形に戻っていきます。(17:26ころ)

また台湾の嘉義市ではこの日の正午には太陽が天頂に位置するため
地面に垂直に立っているモノや木や建物などの影がなくなってしまい
あまり見ることのできない現象が起こるでしょう。

2020年の12月14日には南米のチリなどで皆既日食が見られます。
日本ではみることができませんが、皆既日食では黒い太陽の周囲に
光のベールのような「コロナ」という現象が広がります。

2019年のチリのセレナでは皆既日食のコロナが撮影され
2020年も似たようなコロナが見られると予測されています。

皆既日食では感動的な自然現象が見られると形容されますが
占星術では日食と月食では、天文の美しい形容とは若干象意が異なります。

最新情報をチェックしよう!
>西洋占星術 基礎総合講座 全6回

西洋占星術 基礎総合講座 全6回

占星術の基礎知識である 星座(サイン)、ハウス、天体 角度(アスペクト)の意味を総合的に 学んでいく少人数制のレッスンです。