2020.9.2魚座満月 過去の栄華の終焉と新たな実現のはじまりへ

今回の配置は相反した幾何学図形が何重も重なりどの部分を言葉にするか膨大すぎて非常に難しい配置ですが

120度と135度が同時に多数組まれており成長している人と幾度とない出来事を通しても全然成長していない人とで目の前に起きている現実や現象になっているものが全く異なると思うといいでしょう。

この1か月においては今までにないほどの最悪の事態の引き起こしが起きたり突然の終了をむかえたものについては目的や社会道義を見直していく必要があるでしょう。山羊座の象意をよく理解していないのかもしれません。

今回は厳しい象意のアスペクトが非常に多いです。

しかしながら、その一方では、ここ1か月で何の中断や中止、滞りもなく前進だけが現実になっている人達も多いはずです。

その場合は現実感をもって実務能力を成長させ、そのまま進みを選択していくといいと思います。

目の前に起きた現象によりご自身が今まで何を選択してきたのか?はっきりとした現象で分かりやすい指し示しがあるでしょう。

目の前に起きているその現実は自分自身で蓄積してきた選択の結果であるでしょう。

そしてそれは長く尾を引いていく1つの成果や結果であるでしょう。

他人の命とか生命の時間は現実です。そしてそれは大切なものです。

現実の他者の生命や人生の時間をまるでゲームのように考えており
幾度となくそれに関わる出来事が起きているにも関わらずに、いつまでたってもそれが分からずに
成長していない場合はそれ相応、もしくはそれ相応以上の出来事が現実の中に
引き起こるという一つの証拠も明らかになっている場合もあるでしょう。

それはその人が現実から学び成長していれば防げたことです。
他者の生命に関わる非常に大きな現実の罪となるでしょう。

何度もいいますが過去の数々の出来事からきちんと学んでいれば「防げた」事象です。

どんな「土台」を選択しているのかも自分自身です。

過去に見て、感じた洞察は合っているという確信と経過による選択しなくて良かったと思えるような土台。
そして今の土台を誇りに思うその土台の違いと大きな差。

ご自身の考え方で選択してきたものによって
これらも大きく二手に分かれているでしょう。

自分のしたことが自分に還るかのように「出来事」をまだこれから経験する人もいるでしょう。

続きを見るにはパスワードを入力してください。
会員登録、もしくはメルマガ登録後に発行されるパスワードをご入力ください。



>西洋占星術 基礎総合講座 全6回

西洋占星術 基礎総合講座 全6回

占星術の基礎知識である 星座(サイン)、ハウス、天体 角度(アスペクト)の意味を総合的に 学んでいく少人数制のレッスンです。