水瓶座期に向けて見直すこと

水瓶座冥王星期に向けて見直すこと

1945年の8月は終戦記念日です。
「平和」や「平等」という意味がある
水瓶座という星座で2019年に満月を迎えていくことは
非常に不思議で意義深いのではないでしょうか。

今回は12ハウスに海王星と
エリスという強力な星が2つも
在住し海王星は10ハウスに
エリスは5ハウスに意図を投げています。

ではこの2つの星が意味する
水瓶座期にむけて見直す
必要があることとは何だと思いますか。

「生きかた」

水瓶座期に向けて今、一人一人が

見直す必要があることとは「生きかた」です。

 

私の土星にはトランスサタニアンが全て

アスペクトを形成していますから

それはそれはハードなことが多すぎて

もう私はびっくりすることもなくなりました。

 

「なんかおかしいな」

エリスだなとしか思えず冷静に見れるようになった

とでもいうのでしょうか。

 

社会に対する「嘘」や他者に対する

「不誠実」、何も否がない人が

犠牲になることを数多く見ては

自分自身も経験してきましたから

そういう人には私はもう失望しか感じません。

 

そこに共感などしないからです。

そういう人が多く現れるため飽き飽きする感じです。

 

では今回、海王星は10ハウスの冥王星と

9ハウスの土星、さらにはMCにはドラゴンテールが合です。

 

すごいコンビネーションの星たちが

こぞって社会の第一線に意図を投げているわけですが

 

社会や他者に対して嘘や隠し、騙し

そして事実を曲げることに対して

本来の役割や責任を担っていない企業や権力(人気も権力です)

10ハウスの社会的役割の責任を考えずそこから逃げている場合は

時間の経過とともに停滞を意図するでしょう。

 

それは今ではありません。

海王星とは今ここではなく時空を超えていますから

後々に必ずご自身の地位や役割などに

停滞をもたらす可能性が高いということです。

因果が発生するハウス

「因果」を意味するハウスとは

まず12ハウスですが

その因果とは他者のせいではありません。

 

12ハウスとは自分自身の内について

顧みる部屋ですから社会や他者に対して

不誠実を働いているのは「自分自身」の

精神や行為からなるものであり

12ハウスの因果とは自分自身への因果です。

 

誰もが耳が痛いのではないでしょうか。

 

他者への不誠実とは自己への不誠実です。

それを見ているのは「太陽」です。

自分自身は人や社会を騙せていると

思っていても見ている「太陽」が

必ずいるということです。

 

ではエリスは同じ12ハウスから何を

伝えているのでしょうか。

 

5ハウスという創造の部屋とつながり

それは11ハウスの水瓶座満月と

つながっています。

水瓶座とは理性の星座ですから

あなたが思うことを表現するか?迷うでしょう。

けれど太陽が見て感じたことに

11ハウスで反旗をあげること。

獅子座の太陽、金星、火星は

正義を表し、エリスがトラインです。

 

蟹座と山羊座の日食月食で

社会や人を騙した人に対して実名で

反旗をあげていた人がいました。

ニックネームではありません。

実名です。

 

水瓶座期になったらその傾向は

増えていくかもしれません。

それくらい「人」や「人間性」という

根本に戻ると思っていいです。

そこに情はありませんから非常に

厳しいですし裸にされると思っていい。

自分にみてみぬふりをしていくこと

肩書とは飾りにすぎず

けれどその肩書をもったのなら

その責任は負わなければならない。

そしてその肩書に本当に付随しなければ

ならないものとは

「人間」という普遍性であって

「精神」であり「心」である

ということを11ハウスの水瓶座の満月は教えるでしょう。

 

欲にまみれているのは人間にすぎません。

あなたが11ハウスという部屋で

理想や夢を望む未来でありたいのなら

社会や人に嘘をついたり他者を騙したりという智慧を

悪く使うことに対し自覚をしているはずで

それを自分で見てみぬふりをしていくか

 

それとも正々堂々とあるために

根本の精神と自分の生き方を見直すか?

それはあなたの精神が決めることだと

12ハウスのエリスは示したいのではないでしょうか。

 

自分の未来の可能性をつぶしているのは

社会や人に嘘をついていたり

それがビジネスなのだとおかしな常識と理由をつけて

不誠実を働いている人そのもの自身なのではないでしょうか。

 

ビジネスが云々という前に精神や心理を学ぶこと。

ある程度年齢を超えたのなら

順番としてそちらが先にあることが必ず分かることですが

その大切さを見失っている人は

たくさんいるのではないでしょうか。

最新情報をチェックしよう!
>西洋占星術 基礎総合講座 全6回

西洋占星術 基礎総合講座 全6回

占星術の基礎知識である 星座(サイン)、ハウス、天体 角度(アスペクト)の意味を総合的に 学んでいく少人数制のレッスンです。