太陽回帰図ソーラーリターン図の出し方

今年1年はどんな1年になりそうかということが気になって初詣でおみくじを引いたり占いに行ったことはありませんか?

おみくじや占いよりももっと具体的に自分の1年間が分かる方法があります。

1年間の気持ちや環境、出来事については占星術の太陽回帰図(ソーラーリターン)というチャートで知ることができます。

太陽回帰図というのは誕生日から誕生日までの1年間有効のチャートです。

この記事は太陽回帰図(ソーラーリターン)のチャートの出し方について説明します。

太陽回帰図とは

太陽回帰図というのは、トランジット図(現行天体の位置)です。

トランジットというのは今、実際に動いている天体の動きを指します。トランジット図を「経過図」と言ったりもします。

トランジット(現行)の太陽がネイタルチャートの度数と同じ位置に太陽が回帰するときをソーラーリターンといいます。

太陽が同じ度数に回帰するときというのは必ずしも誕生日当日とは限りませんし生まれた時間と同時刻とも限りません。

太陽回帰図の中に1年間の概要が書かれています。ネイタルチャートとは異なる読み方の部分があり読み方が少し難しいところがあります。

太陽回帰図だけを単独で解釈に用いると的外れになることがあります。あくまでもベースはネイタルチャートです。

ソーラーリターンはネイタルチャートと関連させて読むことが大切です。

 

太陽回帰の天体配置は誕生日から誕生日まで有効です。1年間有効のトランジットの配置なので「自分自身の春分図」と思えばいいですね

太陽回帰図ソーラーリターンはいつ出力すればいい?

目安として誕生日の3か月前に出力しましょう。太陽回帰の天体配置の力は誕生日の約3か月ほど前から力が入ってくるからです。

天体影響の強い人はそれよりも前から入るため少し早めに太陽回帰図を出力することをおすすめします。

1年1年がらりと配置が異なるため太陽回帰図を読み込み切り替えをしていくことは結構大変です。

太陽回帰図ソーラーリターン図の出し方

ソフトによって太陽回帰図を出力できるレベルや方法が異なります。この記事では無料占星術ソフトのアストロディーンストを用いて出力する方法を解説します。

出生データーを入力しましょう

出生情報を入力し本人欄に自分の出生データーを表示しましょう。出生情報の登録のしかたは下記の記事で確認ができます。

関連記事

この記事は占星術の無料ソフトのアストロディーンストでネイタルチャート(出生図)を出力する操作方法を解説しています。アストロディーンストの登録のしかたはこちらの記事を参考にしてください。 [sitecard subtitle=関連記事 ur[…]

占星術の無料ソフトのアストロディーンストでネイタルチャート(出生図)を 出力する操作方法について解説。出力は簡単です。ホロスコープチャートの記号の構成についても説明。

チャートタイプを「太陽回帰図」にする

チャートタイプ欄を「太陽回帰図」にします。チャート一覧は右の矢印を押すと一覧がでてきます。

 

出力したい西暦の年を入力します

太陽回帰図を出力したい西暦の年だけを変更入力します。※月日を変える必要はありません。(月日を変えても同じチャートが出力されます)「クリックしてチャートを表示」を押しましょう。

完成!いつからいつまでのチャートなのかを確認

太陽回帰図(ソーラーリターン図)が表示されました。出力されたチャートがいつからいつまでのチャートかということについては下記の赤枠で確認ができます。

下のホロスコープの例だと2026年の誕生日から2027年の誕生日まで有効の太陽回帰図(ソーラーリターン図)です。

太陽回帰図(ソーラーリターン図)の出し方のまとめ

太陽回帰図(ソーラーリターン図)というのはトランジットの太陽がネイタルチャートの度数と同じ位置に太陽が回帰する時のトランジット図です。

太陽が毎年回帰するタイミングは必ずしも誕生日とは限りません。

太陽回帰図のチャートの中に1年間の概要や情報が記されています。

太陽回帰図のチャートで1年間の頑張ることや気持ち、1年間幸運が多いのかそれともストレスを感じやすい1年になるか?についてなども読み取ることができます。

関連記事

個人天体の特徴からトランスサタ二アンまで基礎の知識を確実に身につける 【西洋占星術  基礎総合講座 全6回】 出生図(ネイタルチャート)はネイタルチャートと呼ばれています。4つの記号か[…]

最新情報をチェックしよう!
>西洋占星術 基礎総合講座 全6回

西洋占星術 基礎総合講座 全6回

占星術の基礎知識である 星座(サイン)、ハウス、天体 角度(アスペクト)の意味を総合的に 学んでいく少人数制のレッスンです。