2023年までの縁や出会いの保存版。ドラゴンヘッドの星座移動で縁や関係性が激しく動く時間へ

2023年までの保存版。
ドラゴンヘッドの星座移動で縁や出会い、関係性が激しく動く時間へ

現世での発展性のある縁というものはドラゴンヘッドが示します。ドラゴンヘッドが星座移動する際はヘッドの象意が変わってくるためこれまでとは流れが変わり縁や関係性について変化がでてきやすい時です。

ご自身のネイタルチャートの重要天体にドラゴンヘッドが合になる場合などは出会いのチャンスも入りやすくなるとき。人生は1回限り。停滞をもたらす関係性よりも互いが発展し前進できる縁や関係性にぜひ目を向けてみて。

ドラゴンヘッドが2020年5月5日にかに座からふたご座へ移動

土星、金星、木星の3天体が逆行に入るタイミングでドラゴンヘッドがふたご座へ星座移動します。今まではかに座にドランゴンヘッドがいたためコミュニティなどの共同体形成の人間関係性が構築されやすい時でしたが5月からふたご座へ入るためより広く、より浅く、より楽しくを実現していくような距離感がほどよく軽やかな関係性と出会いやすくなるでしょう。

SNSなどを上手に利用するといいかもしれません。通信や短い旅行などが良いきっかけになりやすいときです。ふたご座の象意に移るので話すと楽しいとか気を遣わなくていいとかそれくらい肩の力を抜いた関係性になりそうです。

長期的な関係性か?というと少し疑問は残りそうですがあまり深く考えずに楽しくコミュニケ―ションをとるといいと思います。

ふたご座の象意からして「人間関係に頑なに縛られず充実していて幸せだな」と感じやすい出会いの日々を送れる関係性に出会いやすくなると思います。ドラゴンヘッドがふたご座に在住するのが2022年1月までです。

ドラゴンヘッドは2022年1月19日にふたご座からおうし座へ移動

ふたご座に在住したドラゴンヘッドは2022年におうし座へ移動します。おうし座は地の星座ですから、この時に作られる関係性は現実的だと思います。かつ価値というものに影響を与えてくれる関係性かもしれません。

他の星々の象意との関係性を考えるとドラゴンヘッドがおうし座に在住するときに冥王星、土星の社会影響力の強い天体が星座移動します。

現実の運命が着々と変化をしていく、その現実感というものを非常に実感していくこととなるでしょう。

ドラゴンヘッドは2023年7月18日におうし座からおひつじ座へ移動

ドラゴンヘッドが12星座をまわりきりいよいよおひつじ座へ入室していくタイミングが2023年の7月18日です。おひつじ座といえば「はじまり」。今までの人間関係もおひつじ座を境にスピーディーに急激な変動をみせていきやすいときです。

開拓精神にあふれ、これから新しいものを創っていこうという意欲にあふれた人達とつながりやすいときです。今までは出会ったことのない、はじめてのパターンの関係性というものもありそうです。

おひつじ座のエネルギーは急に入ってくるため時にバランスも崩しやすく、いったんここで終了していく
人間関係もでやすいでしょう。
その場合は新たな方向へ向かう準備をしていくといいでしょう。

最新情報をチェックしよう!
>西洋占星術 基礎総合講座 全6回

西洋占星術 基礎総合講座 全6回

占星術の基礎知識である 星座(サイン)、ハウス、天体 角度(アスペクト)の意味を総合的に 学んでいく少人数制のレッスンです。