2019天秤座新月

2019年の天秤座新月の活かし方

2019年9月29日朝方の3時28分頃

天秤座新月を迎えます。

天秤座とはバランスや美しさを

象徴する星座です。

さて今回の天秤座の新月の活かし方とは?

星をどう使えば いいでしょうか。

天秤座とはどんな星座?

天秤座とは天秤のイラストを

思い浮かべていただくと

分かりやすく

2つの間で常にバランスをとる

星座です。

人と人との距離感を学ぶ星座です。

そこから派生して

人と人との仲介が上手だったり

人に綺麗に美しく見せていく

ということがとても

得意な星座です。

 

天秤座の性質が強い人は

オシャレだったり

大人の意見をさらりと言う。

誰とでも適度な距離で

上手に接することができるなど

スマートな社交が上手だったりします。

 

2019天秤座新月の配置

今回の天秤座新月の配置を

みてみましょう。

新月は2ハウス。

どうやら自分の能力を使って

収入を得たい!そんな思いが

とても強く伝わる月です。

けれどそんな月に

土星90度がかかっていますから

それは思っているとおりには

いかないような感じがあります。

 

頑張っても頑張っても

そんなにうまくいかない。

そんな停滞感を感じる人も

多いかもしれません。

打破するためのむりやりさ

みたいなものも感じます。

 

打開策としては

無理やりや押し切りではなく

天体を活かしましょう。

今回活かす天体は

まさしく天秤座を支配する

「金星」を使うことをおすすめします。

天秤座新月の「金星」の活かしかた

2019年の天秤座新月では

「金星」を具体的にどう使うか?

どう活かすか?ということですが

 

今回の配置の金星は

90度が多くドラゴンテール

とも繋がってしまっているので

純粋な嬉しさや喜びというところでは

あまり望ましい配置ではありません。

 

若干、厳しい配置の中で

唯一活かしやすい配置があります。

それは金星と木星の60度。

しかもオーブが0という

非常に強力で恵まれた60度です。

 

4ハウスという基盤の場所にある
射手座木星は2ハウスの
天秤座金星との2天体の
居心地の良さがとても
伝わってきますし
表現の能力が自然に増え
向上していくような
とても綺麗な配置をとっています。

能力や才能を活かすとはどういうことか?

天秤座新月では確かに
月が2ハウスにあるため
能力や何かの価値を収入に結び付けたい
という気持ちも分かりますが
それよりも
自分がすらすらできること。
それが能力や才能であって
それを基盤としてみること。
そんなところを意識して
もう一度立て直しを図ると
いいかもしれません。
太陽と冥王星が90度なので
自分のやりたいことに
こだわろうとする人も
多いかもしれませんが
やりたいこととすらすらできること
やりたいことと天が進ませるものというものは
全然違ったりするものです。
それを見極める手段としては
まずやってみて
必要のないものは
土星が減らし
必要なのに足りないものは
土星が補充してくれます。

 

土星は仕事やキャリアを
築く上では無視してはならない
とても大事な天体です。
現実化の大切さを教える星。
あと少しで現実になろうと
しているものを
ひねくれて素直にならず
自ら放棄する人も私は見てきています。
(それ天王星の強い人)

天体の宇宙法則の理解

だからこそ言うのです。
イメージよりも現実化させることが
何よりも大事であり
現実化から逃げることとは
単なる現実にする「勇気がない」だけなのだと。
失敗するのが嫌。
現実にするのが怖い。
前に出ていくことが怖い。
そういった変化を嫌う心理の問題と
自分の心の中での星の働きを
よく知らない宇宙法則への
無知かもしれませんよ。
宇宙法則は知ったほうが
自分の心の癖が的確に理解できると思います。
最新情報をチェックしよう!
>西洋占星術 基礎総合講座 全6回

西洋占星術 基礎総合講座 全6回

占星術の基礎知識である 星座(サイン)、ハウス、天体 角度(アスペクト)の意味を総合的に 学んでいく少人数制のレッスンです。