2021年1月21日 牡牛座上弦の月

2021年1月21日の6:02ころ、牡牛座で上弦の月をむかえます。14日に天王星が順行に転換しました。

現在の配置が全天体順行の力を受けていきます。「今までにないほどの現実」だったり、もしくは、今までにはなかったほどの時間的な「ゆとり」なども体験している人も多いかもしれません。

それらを通して過去の山羊座冥王星期間を振り返ると、働き方として終電や時間外での残業や、雇用形態での異様なまでの給料格差や差別だったりと、山羊座期の社会というのは少し異常だったようにも思えないでしょうか。

ニュースにもなっている「正社員」という言葉が、「古い」と思ったりもします。

目に見えるものの価値と目に見えないものの価値、そして冥王星はまだ山羊座です。何のためにやっているのか?あなたにとっての目的の価値というものを考えてみるといいかもしれません。

目的というのは最初は比較的浅いもの。浅い目的が成長していくと、やがては責任感がでてきて、たいていは濃くなっていくものでもありますが、その逆で目的が後退していく人もいますよね。

つまりは、「情報」という発信ばかりにとらわれており、たとえば「お金のため」だったり、フォロワーやアクセス、いいねを集めるためだったり

うすっぺらい目的や単なる情報発信のための知識というものに目的が後退している場合、それらが現実の「物質」に、もしかしたら影響がでるかもしれません。

>西洋占星術 基礎総合講座 全6回

西洋占星術 基礎総合講座 全6回

占星術の基礎知識である 星座(サイン)、ハウス、天体 角度(アスペクト)の意味を総合的に 学んでいく少人数制のレッスンです。