1年の総結集の3か月へ向けて素材は全て揃う射手座新月へ(皆既日食)

1年の総結集の3か月へ向けて素材は全て揃う射手座新月へ(皆既日食)

暦上の2021年も残り1か月となりました。頭仕事は増えるばかりですが如何お過ごしでしょうか。

皆既日食

あなたは射手座新月にどんな挑戦をスタートさせますか?

占星術上の周期では冬至以降の残り3か月が1年の総まとめ期にあたります。

なので、実はまだ年の切り替わりではありません。

残り大事な3か月になりますから、形にしていくことや達成、完成させることに集中し

実りある期間にしていくといいでしょう。

今回の射手座新月は日食です。

この日食は、まずは残り3か月の総まとめ期間に行うことのスタートを意味してくるでしょう。

比較的、高度、かつ長い、初めての未知なるチャレンジの開始といったことがテーマやキーワードにあがります。

射手座新月で太陽と月、そして今回は水星も射手座で合になるため、理想やイメージ先行になりやすく

今の段階では形になるかはまだまだ微妙なところでもあります。

もし何か形にしたいとか、完成させていきたいものがあれば、第一の完成目安は1月下旬、

第二の完成目安は3月中旬頃をまずは目安としていくといいでしょう。

高度なチャレンジ、もしくは長いチャレンジや初めてのチャレンジにあたるための

実際に必要なツール、素材、構想、計画は、まず日食前の乙女座下弦あたりから出そろいます。

冥王星が、金星の表現力や期待を最大限に引き出します。

初の挑戦事や日常生活にわくわくとした期待をもたらすでしょう。

それは、これまでコツコツと積み重ねてきたことを、ようやく実践していくという期待でもあるでしょう。

冥王星と金星は山羊座で合になるので、徹底的にマニュアルどおりにこだわる

王道や正統派、これまで年長者から学んできたことにこだわるなど

山羊座の象意に沿ったもののほうが、底力や工夫、応用力を発揮します。

地味な作業が続く日々をルーティーンのように繰り返していく毎日になりやすいですが

突如、その地味な生活からアイデアが入りやすいので

常に自身が取り組むテーマや専門性を意識しておくといいでしょう。

ちなみに、私は、水星逆行時に立ち寄った本屋さんの棚がリニューアル中で

専門の本が全く無い!という珍しい状態だったのですが

おととい、リニューアルは終わっただろうか?と再び本屋に立ち寄りましたら

人づてで聞く数々の書籍がリニューアルによって全てが揃っておりました。

本屋の仕入れがだいぶ変わった感があります。月の欠損についてもようやく読むことができました。

月の教科書

中身は少し極論の部分もありますが、これくらいはっきり言われないと

月がまるでよいものだと勘違いして月の堕落性質には気がつけないように思います。

大衆や相手に気をつかって、みんながなかなか言えないところをズバリと指摘しているため厳しい文面もありますが目が覚める書籍でした。

私も再度、自分の月の駄目さ加減を思い知りましたが、要は月は私的欲求にすぎないので精神性で考えたら

幼稚だし下位にすぎません。また、月は直接的な才能など示しませんので

月星座を安易に公に言わないほうがいいよと私は言っておりますが

なぜか?というその意味がこの本でも理解できると思います。

この書籍に書いてあるように月は勘違いしているとトラブルが起きやすいですから要注意でしかありません。

かなり高度なものも一緒に届きまして、、恒星までもが、、届いてしまった、、、、ので

もっと勉強せよというお達しである感じですが、難易度が高く外国という射手座象意のままでございます。

こちらは、分厚いのでじっくり時間をかけて読ませていただきます。

恒星占星術

数週間前の月食時では、ネットの中の知識情報で自分のビジネスや「オリジナル」のために勝手に意味を作り変えてしまっているといったケースを見ました。

一応それらを応用コースで、どこが違うか分かるか?ということを

受講生へ質問してみたのですが、はっきり申し上げると知識や間違いというよりも

もうそれは本人が勝手に意味を作り上げている「嘘」のレベルの話でもあるので

知識というのはネットではなくて、あくまでも長年研究している研究者や年長者の本を読むことのほうが的確で良質であるという結論に至ります。

特に若い方達が勝手に話を作り上げているのが顕著ですが、日ごろから良質な知識本を読み続けていれば

浅い情報や勝手に作られているレベルの話にはすぐ気がつくことができますが

何も分からない状態だと、そう思い込んでしまう可能性があるので注意が必要だとは思います。

今度、Q&A集でばっさり述べようかと思うほどでした。

本は本でも紙の本は読めなくても電子書籍だったら読めるという方もいますから

その場合も良質な電子書籍から知識のベースを固めることをおすすめします。

冥王星は山羊座の良質さを示す度数を進行中

アウトプットの「話す」「書く」「発信する」のベースはあくまでもインプットです。

どんな分野においても、まず良質なインプットができていないのであればアウトプットが悪質になったり

教えるとか知識というレベルではなく、自分でそう思い込んでいる「嘘」を相手に伝達してしまっているにすぎないことで

それぐらいインプットの質というのは重要です。

これは2022年の春分図にも通じることであって、怠惰やめんどくさいがために自分で書籍等で意味を調べずに

アウトプットをし続けるという人達はどの分野でも増えていますから

良質なインプットは常に心掛けていたほうがいいように思います。

本を読まない人達が多くいるのは、時短で理解をする「ファスト」が時流というところも関連していると思いますが

それだけ世の流れは、飛ばし飛ばしで深く考えないということであって

要点だけおさえることが理解したということなのかもしれません。

けれど、それだと教養とはならず教えを自分で養うことができませんよね。

冥王星は良質な文化を堪能するという度数を通過中です。

時流に流されず疎かにしないほうがいいかなと思うスキルや能力というのは

講座に通って身につけることだけでもありません。

書物を読解すること」も大事なインプット能力だと思います。

占星術でも、星座は3区分、4区分が分かれば読解できるといったように合理的解釈方法を伝える方もいますが

受験戦争下で学んできた合理的な理解方法は「教えられたことを自分で養っていく力」という欠如を

生んだにすぎないのではないでしょうか。

現在の配置では良質さは「山羊座」が示します。

年長者や年上の人が言うこと、古いもの、伝統、慣習、ルールなどは疎かにせずに習得していくといいでしょう。

ただし、山羊座の注意点は支配星の土星が意味する「差があること」です。

年齢差かもしれませんし、精神年齢の差、経験の差、良質さの差など

どこかに非常に差があるものが届きやすいのも山羊座冥王星期間です。

あなたの土星在住のハウスや土星通過ハウスに運ばれます。

固い基盤がどこまで固くなるかは自分自身が積み重ねていく選択しだいとなるのでしょう。

インプットの選択を間違えると、分からない部分を自分で補足すればいいだけのところが

1から全てやり直しになります。それぐらい重要な選択なのですが

多くはビジネスのための成功と人気の損得(メリットデメリット)しか考えないインプット選択をしているので

その時流に安易に乗らないほうがいいでしょうが

(ZOOM集合写真を載せているとか分かりやすい事例ですが若い人達がほとんどです)

40代以上は昔よりも乗っかっていないように思います。

ちなみに年長者の師は確かに厳しいのですが私の場合、非常に恵まれるケースが多く感謝しかないのですが

若い女性の師の場合は怠惰や怠けることを教えるなどばかりでことごとく恵まれません。。。。

若返りを図っている世の中でしょうが、「ごもっとも」なことを言っているのは年長者でもあります。

土星と金星の差が原因で、1年もの間、毎週無欠席で積み重ねてきたことが

この夏、危うく0になるところだったのですが、その時も冥王星の調停で私は助けられたのでした。

土星までしかなかった古代占星術から進み、冥王星が見つかってくれて本当に良かったです。

それでは、未知なるチャレンジの現実的なスタートを切る新月をお過ごしください。

※ちなみにですが巷で流行っているZOOM受講の集合写真の公掲載を安易にOKしないほうがいい理由は

メリットは実は主催者にしかなくて、写っている側は信頼性において長期的なデメリットになることと

ご自身の肖像権を安易に相手に手渡しているという、そういった事実を女性ももう少し知った方がいいかと思います。

それを勧めるコンサルなどもいますが最新の情報戦略を行っているようで

それを見抜いている人達ってもう多いように思いますので、依存がよくないというのもここにつながります。

どこかで気がつき、自分でやったほうが遠回りに見えて実は一番最短距離☽ということが分かった場合は

相手の仕組みにもうあまり騙されていないのではないでしょうか。

あわせて読みたい

2022年の日食と月食のスケジュール 2022年の月食と日食のスケジュールです。 月食と日食は社会的に重要な出来事が起こりやすいときです。 また個人の転機的な出来事や月の一掃力と関わる場合が多いので、ネイタルチャートとあわ[…]

2022年日食と月食スケジュール
>西洋占星術 基礎総合講座 全6回

西洋占星術 基礎総合講座 全6回

占星術の基礎知識である 星座(サイン)、ハウス、天体 角度(アスペクト)の意味を総合的に 学んでいく少人数制のレッスンです。