2021年11月19日牡牛座満月・月食に完成することは?

【ドラゴンヘッド】牡牛座の意味は五感や能力、居心地、他に忘れてはならない牡牛座の意味はコレ

【ドラゴンヘッド】牡牛座の意味は五感や能力、居心地、そして忘れてはならない牡牛座の意味はコレ

早かったのか遅かったのかすらもよく分からないほど、体のだるさが著しかった10月でしたが

去年(山羊座木星)は10月でもよく動き回っていましたので、そう考えると、やはり水瓶座木星の影響を疑います。

私は自らの「金星」が今回なぜか強調されており、とにかく「金星」について確定できることが次から次へとでてきております。

何の不満もなく満足である、満足であると犠牲になる、そのことによってホロスコープで確定できるものが

でてくるといったようにアスペクトの連なりというものがよく分かりました。

怒涛の金星、怒涛の蠍座という感じですが、順を追って更新していこうと思います。

ちなみにですが、ネットやメディアでは事実を言う必要があるとなったら

各占いの分野はおそらく排除になるのではないでしょうか。

占いは事実というより憶測だらけです。

さて、先日書いた、牡牛座ドラゴンヘッドに関する記事。

関連記事

双子座ドラゴンヘッド期とは? 2022年1月19日(3:22ころ)ドラゴンヘッドが牡牛座へ移動します。 ヘッドが象徴するのは新たな縁。これまでの双子座ドラゴンヘッド期間は2つ以上の物事の両立を強いられる状況が多く いつも以上に[…]

新たな縁の変わり目ドラゴンヘッドが牡牛座へ

ドラゴンヘッドはまだ双子座在住ですが、既に影響は入っていると私はとっています。

牡牛座という星座には様々な意味があることを先日書きましたが、どの象意で現象化してくるかは人それぞれです。

1つの意味で現象化することはあり得ませんから、まずは牡牛座の星座象意を頭にいれておくといいでしょう。

先日書いたものに牡牛座の重要な意味を書かずにいたことに気が付きましたので、1つ追加したいと思います。

牡牛座で忘れてはならない意味

牡牛座は星座の2番目に位置する星座で「地」の星座です。

星座を人間の成長に例えていくなら、生まれたてから自分の肉体を認識していくという段階です。

肉体は物質ですから、人間の体というのも実は物質の1つです。

物質を本当に認識できるのは、現実感がある時です。例えば、自分の腕をつねると痛いと思うのですが

そのことによって指や手だとか痛い腕を確認することができるというのは、現実感のいい例です。

牡牛座の意味としては、物質や特にその中でも金銭を意味するなどが主です。また、五感も重要な象意です。

支配星が金星なので、居心地のよさや快適さというところも表してきますが

忘れてはならない牡牛座の象意として「安全」、「安心」という象意があります。

安全を軽視しないほうがいい

獅子座の下弦近辺で、何かの出来事が起きた人達も一定数いるのではないかと思うのですが、私ももちろん起きました☽

その際に、思ったことなのですが、新しいサービスだとか、何かやりたいことを進めるとなると

「リスク管理」というのを必ず考えると思います。

仕事などでクレームの対応などをしてきた経験のある場合は

こう言えばこういう風にとられてしまう可能性があるとか、これをしたらこういう意見がでるだろうとか

こうするとこうなる可能性もでてくるだろうとか予めリスクを予測をしておき

その際に対応できるかどうかを考えてから最終決定をしていくことです。

牡牛座という星座は「慎重」も意味しますから、リスクを感じるのであれば実行しません。

ですが、そこに射手座性質が加わるとリスク管理をせずに楽観的に

最終決定をしてしまうということがでてきます。

射手座の場合はリスク管理どころか、その場の「ノリ」で決めてしまうなどです。

山羊座の性質や地の性質が強いと、こういった射手座性質や火の性質を否定するかもしれません。

逆行になると特に個人視点になりやすいため全体視点を忘れがちな周囲の動きがでてきやすいです。

そのため、遥か遠くの理想イメージによる楽観の最終決定によって安全を軽視するということもでてきます。

ちなみに射手座は柔軟星座なので、いくら遠くの目標を定めていたとしても

最後の最後で外から来たものにより大きなサイズの目標がエゴのサイズにズレていき

現実的なものにおさまるということが起きてきやすいのも射手座の特徴です。

まだまだ来年も、新しいことを実行していこうとする意識は非常に強い世の動きになり

一人一人の好みや嗜好というところがより強調されてきやすいと思うのですが

全体視点の「みんなにとって」という所を忘れがちになることも出てくるかもしれません。

ここに牡牛座の意味を加えるなら「みんなにとって安全か、みんなにとって安心か」です。

警告している人は必ずいる

最近思うのは、興味ある分野で何かインプットや勉強などをしていたり

youtubeで動画を見ている、SNSなど媒体は何でもいいのですが

「こういうことには気をつけてください」と注意喚起をしている人や企業を頻繁にみかけないでしょうか。

分かりやすいのはオレオレ詐欺の注意喚起ポスターのように

「これこれこういうのは詐欺ですから気をつけてください」というものだったりです。

各企業が配信するこういった文面のメールには気をつけてくださいというのもそうですし

私たちのような見えない世界の分野の話で言えば、霊感商法に気をつけてくださいなどです。

安全性について警告している人は必ずいると思うのですが

個人の欲求の追求(牡牛座のお金の意味や嗜好)にとらわれていると

時に「全体の安全性」を見失うことがあります。

見失った場合でも、ゆくゆく太陽である全体性につながります。

見失って、失敗して、だから自覚するというのが太陽です。

太陽は、感じる天体ではありませんから、出来事が起きた時では自覚しません。

後から興ざめしていくかのように自覚していくのが太陽です。

牡牛座ドラゴンヘッドでは「安全・安心」について考える必要のある関係性も訪れるかもしれません。

ドラゴンヘッドはいい現象で必ず出るとは限りませんから、本人にとっては、何でこんなことが、、、と思ったとしても

後々それが何かの発展性につながることがあります。どう現象で出るかは分かりませんので

牡牛座象意を先に頭にいれておくといいでしょう。

安心できる関係性、安全な関係性というのも考えられますが

あくまでも結果が分かるのは後(うしろ)の時間ですので

「牡羊座」が関わる際の変化も見ていく必要があるでしょう。

牡牛座の場合は頑固ですから人の意見を聞いていたとしても、結局変えないということが出てきます。

物事を進めていく立場にある人は、みんなにとって安全で安心であるかなど

リスク管理をしっかり考えた上で最終決定をしてほしいものです。

若い人達だと楽観的な点等も多々あるので、その場合は年長者が経験値を用いて考えていく必要もあるのではないでしょうか。

射手座木星期に失敗して目が覚めている人達も非常に多いでしょうが

既に目が覚めている人は注意喚起をその文字どおりだと実感するということも多々でてくるはずです。

まだ目が覚めぬ場合は、自身で体験をして初めて目が覚めるものでもあります。

牡牛座ドラゴンヘッドは「安全について警告している人は必ずいる」とも言えるでしょう。

言葉での警告なら一番分かりやすいですが、何かの言動や五感のサインでという可能性もあります。

>西洋占星術 基礎総合講座 全6回

西洋占星術 基礎総合講座 全6回

占星術の基礎知識である 星座(サイン)、ハウス、天体 角度(アスペクト)の意味を総合的に 学んでいく少人数制のレッスンです。