8/16天王星逆行開始 1:53 自分自身で考える力と未来の見直しへ
CATEGORY

占星術コラム

  • 2020年8月10日
  • 2020年8月11日

時間のペース進行は星が司ることが最も分かりやすいアスペクトとは?

占星術にとって「時間」の概念は非常に重要です。時間とは何か?と考えると本当に難しいことです。 しかし、占星術という自然原理においてその「時間」というものを考えていくと「現実が進む時間ぺ―ス」とは天体が司っているということに理解が成されてきます。 「天 […]

  • 2020年8月5日
  • 2020年8月8日

占いという名の鑑定結果のコピペ(模倣)

2020年8月4日に水瓶座満月をむかえました。この水瓶座満月は天王星からの葛藤配置が著しいため、様々な象意で現象化することが分かりやすいでしょう。 海王星と金星の90度のアスペクトがあるため、この水瓶座満月のタイミングで「形で来たか。やっと。」「こう […]

  • 2020年6月10日
  • 2020年6月11日

天体、星座、ハウス、アスペクトに星が淘汰するという意味などありません

占星術を学んだ人は増えていますよね。占星術を学んだことで星の配置が意味することをなんとか読み解きたいと星や自分自身について知ろうと学ぶことは素晴らしいことだと思います。 けれど私は思うのです。どこにそんな意味があるのだろう?という情報が散見されるのも […]

  • 2020年6月9日
  • 2020年6月13日

月食から6月28日まで無知から知への最終結集へ

2020年の6月6日は射手座の満月の月食でした。90度が多い時期なため月食だからという理由が見つけにくい出来事なども多かったかもしれません。 とはいえ、やはり月食なので月食近辺に起こることというのは個人の人生でもいつもより重要性を増してきます。 今回 […]

  • 2020年5月31日
  • 2020年6月1日

2020年の12星座の下半期9月から12月の運勢

おひつじ座のあなたへ2020年のおひつじ座の下半期の運勢 おひつじ座さんの2020年のテーマはライフワーク。あなたが人生をかけてやっていく仕事というものについて考えさせられそうな1年です。 お仕事をただすることだけではなくて仕事に伴う責任とか評価など […]

  • 2020年5月9日
  • 2020年5月19日

冥王星はいつ発見された?天王星と冥王星の発見のふたご座の共通点

ふたご座という情報星座の偶然的な奇跡のハナシです。 先日トランスサタ二アン(通称トラサタ)の発見について記事を書いていたときに冥王星についても調べていました。 JAXAの記事にたどりつき、冥王星はふたご座を観察していたときに発見されたと記述があったの […]

  • 2020年5月9日
  • 2020年5月16日

風の星座の知識と情報の区別とは?ふたご座ドラゴンヘッド30度の威力と知識の風化

この記事は占星術コラムです。 2020年の5月7日さそり座♏満月でした。満月の余韻みたいなものは数日つづきます。 決して満月のその日だけが影響があるとはなりません。今回のさそり座満月も本当に分かりやすく現象がでた人も多いのではないでしょ […]

  • 2020年4月30日
  • 2020年5月16日

【占星術コラム】人は自分の太陽を忘れてゆく。占星術の原点は太陽が中心軸であることに立ち還る

2020年の5月1日はしし座上弦の月です。前日に見た半分の月はとても綺麗です。 その綺麗さとは逆に配置自体はTスクエアがあります。ストップしながら新たなことをマイペースに進めていくという方向に舵を切ることが大切かなと思います。 また自粛制限により仕事 […]

  • 2020年4月11日
  • 2020年4月15日

土星と天王星:視点の違いで創造が変わる時間の中へ

土星と天王星:視点の違いで創造が変わる時間の中へ 月はてんびん座満月から次はやぎ座の下弦の月へ向かいます。 下弦図の太陽は11ハウスでおひつじ座25度です。 天と地の荒波を何度も見て知り その真理が分かったのなら恐れよりも希望を選ぶ。 コロナに限らず […]

>西洋占星術 基礎総合講座 全6回

西洋占星術 基礎総合講座 全6回

占星術の基礎知識である 星座(サイン)、ハウス、天体 角度(アスペクト)の意味を総合的に 学んでいく少人数制のレッスンです。