占星術の星ぞら☽2020年11月の星読み&星の動き

占星術の星ぞら2020年11月の星読み&星の動き

11月の星読み&星の動きです。11月は逆行していた水星と火星、そして海王星が順行へ戻ります。

今年は金星も火星も逆行したことにより、順行と逆行とでは「あきらかなエネルギーの違い」も体感できた人達も多いのではないでしょうか。

火星逆行で勇気で一歩を踏み出した場合は継続へ集中を、やる気を失ってしまった方は再び情熱を、本来の火星の力を取り戻していく意識へと向かいます。

逆行は天体のエネルギーが少し狂うと思うといいでしょう。

順行に戻っていく各天体は、ここから太陽の力をめいいっぱい受けて「全体意識」へと向かいだします。

グレートコンジャンクションにより木星は土星の制限を受けていく、例年よりも少し特殊な期間になっていきます。

それでも、そのいつもとは少し違うエネルギーが今まで一ミリも考えたことのなかったものへの現実化を後押しします。

後半になればなるほど思いもよらなかったことが一つ一つ着実に現実になっていく、そんな11月となるでしょう。

様々な経過を経て、今、あなたのたどりついている居場所をもしかしたら不思議に思うかもしれません。

待ち遠しい楽しみも非常に多い11月となっていくでしょう。

水星逆行

水星逆行は1年のなかでほぼ同じ元素のなかで逆行する 占星術において逆行知識は重要です。逆行と順行では起こる現象や意識はだいぶ異なるからです。 逆行のなかでも水星は4か月に1回ほど逆行するので逆行回数が最も多い天体です。水星逆行が年間[…]

保存版水星逆行の1年ごとのテーマ元素と水星逆行の活かしかた

2020年11月の新月満月ホロスコープチャート

11月8日ころの獅子座下弦の月の前後

11月3日の17:21ころに水星が天秤座で順行へ転換します。2020年度の最後の水星逆行でした。次年度は水星テーマが「風のテーマ」になります。

水星座とは異なり、知性、知識、技能、思考、論理、自分の考えを述べたり言葉で表現することをより重んじていく意識の流れとなるでしょう。

11月8日に獅子座で下弦の月をむかえます。下弦の象意と重なり力や気が抜けていくような「月」の状態になります。

リラックスした生活を楽しめるような時になります。火星の活動力が弱まり火星逆行のエネルギーが強く入る最終盤となります。

基盤は新しい進みに対して意欲を持続させるでしょう。不動のTスクエアが組まれ、習得した知識は日常生活の中で活かせるような成果となっていきます。

11月8日ごろから11月15日の前後

11月15日に蠍座で新月をむかえます。太陽と月、水星が蠍座に集中し、現実の運命というものを、時に人に教え、時に人から教わっていくような交互の関係性を繰り替えしていきます。

ほとんど進みを見せないエリスは生命力が異次元まで向かう象意の中をゆっくりと移動しています。

新月後の11月16日の4:23ころに牡羊座火星が順行へ転換します。

今現在いる環境としっかり結びつきながら自分自身の新しい能力へ飛び込みながら進むということを何度も重ねていくことになるでしょう。

自分をオープンにしていくとダイナミックな変化が根底で動き出すようなタイミングになります。

それは天から要請される集団としての宿命を意味するかもしれません。

11月15日ごろから11月22日前後

14日に順行へ転換する火星は徐々に本来の火星の集中力を取り戻していきます。火星の留の1週間前前後は、特に時間に余裕をもって行動していくといいでしょう。

22日に魚座で上弦の月をむかえます。太陽は射手座へ入室し蠍座によって押しつぶされた火の元素の意思が再生していくことになるでしょう。

土星は太陽を支え工夫や生産性をもたらします。

今、進んでいる中での結びつきから、あらゆるものが集まった集団が形成されます。

一緒に人生の冒険へチャレンジしていくような印象深い体験をしていくことになるでしょう。

外部の影響から様々な視点が入りながら、具体的な成果や実践を通してどこまで進んだかを確認していくことになるでしょう。

ここまでに理解し、習得してきた山羊座象意を実際的に活かすことができる有意義な11月の後半期となっていくでしょう。

11月22日ごろから11月下旬ごろまで

11月29日の18:16ころに海王星が順行へ転換します。その1日後に双子座で満月をむかえます。月食です。

金星と調和的な角度を組み、お仕事において実現をもたらす力が強くなるでしょう。

表現力が一気に進むような時です。実務面でも非常に安定した実行力と実務能力が発揮されていく時期になります。

知性は多角的に、鋭く使いこなしていくことができます。1人静かな場所や時間のほうがより力を発揮していくことができるでしょう。

水星は蠍座の最後の度数を進行し、依存をやめる意識のタイミングを作ってきます。

安定性は後から入り、求められたものを的確に突破していけるときです。

「まずは自分の限界まで突破してみることが先である」という現実の経過が創られていくでしょう。

限界突破を示す土星+冥王星の重なりもだいぶ慣れてきた人も多いはず。限界突破期間はマイペースにものごとをこなしていく時期ではなく言葉どおり、限界まで頑張ってみる時に該当します。

ペースが合わない場合も今後の進みにおいて関係性の分離へつながっていくでしょう。

星の象意どおり幾度も形成されてきたTスクエアで新しい突破を何度も繰り返している場合は、現実化が進んでいきます。

挑戦機会が何度も作られていきながら現実が変わっていくでしょう。

後半になればなるほどチャレンジングなことが増えていくような11月になります。待ち遠しい関係性というものも11月の一つの楽しみになるでしょう。

現実になる喜びを存分に楽しんでいくといいでしょう。火星はまだまだ牡羊座。順行に戻る火星は土星と再びアスペクトを形成し、停止期間も作られていくでしょう。

まだまだ初めてのチャレンジが続くときです。勇気を出して行動し、そして1つ1つを確実に突破していくといいでしょう。

11月のチャート図

2020年4月新月満月のホロスコープチャート 2020年の4月の新月・上弦の月・満月・下弦の月の各チャート図です。どうぞお役立てください。 2020年4月1日 19:21 かに座上弦の月ホロスコープチャート 2020年4月[…]

新月満月のホロスコープチャート
占星術の星ぞら☽2020年11月の星読み&星の動き
最新情報をチェックしよう!
>西洋占星術 基礎総合講座 全6回

西洋占星術 基礎総合講座 全6回

占星術の基礎知識である 星座(サイン)、ハウス、天体 角度(アスペクト)の意味を総合的に 学んでいく少人数制のレッスンです。