西洋占星術の星読み教室
西洋占星術の星読み教室
JapanAstrologyLabo

2022年新月と上弦&満月と下弦図のチャート

  • 2022年1月27日
  • 2022年1月27日

新しい方向性を探る独自のチャレンジをしていくその始まりへ~2月水瓶座新月~

毎回、見えない世界の作用を実感することが多い「蠍座」の月の流れ。 下弦の現象は如何でしたでしょうか。 今回は金星逆行の終了、水星逆行の終了とも重なっていく時なので 私自身もこまごまとした現象が多々ありまして 肉体労働を頑張るぞと思っても結局否定されて […]

  • 2022年1月12日
  • 2022年1月12日

不言実行を着々と進めていく2022年1月蟹座満月~蠍座下弦の月

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。 年末年始は、毎回たいてい90度だらけになるので 一時的な変化は大きくとも、今年も比較的単調な繰り返しになりやすい日々でしたが 如何お過ごしでしたでしょうか。 私は、この年末にアサインされた場所から […]

  • 2021年12月16日
  • 2021年12月29日

2021年冬至図1年間の総結集の3か月へ(12月~2022年3月まで有効)

2021年の最後の日食は日本で見ることができませんでしたので 比較的、穏やかに過ごせた場合も多かったかもしれません。 私は、所有しているiphoneの画面のガラスが割れておりまして 長い間、見づらい画面にテンションが下がる感じだったのですが 昔、名古 […]

  • 2021年11月28日
  • 2021年11月29日

1年の総結集の3か月へ向けて素材は全て揃う射手座新月へ(皆既日食)

暦上の2021年も残り1か月となりました。頭仕事は増えるばかりですが如何お過ごしでしょうか。 あなたは射手座新月にどんな挑戦をスタートさせますか? 占星術上の周期では冬至以降の残り3か月が1年の総まとめ期にあたります。 なので、実はまだ年の切り替わり […]

  • 2021年11月13日
  • 2021年11月14日

牡牛座満月月食に完結・結実することは?目に見えるものから耳を澄ます月食へ

2021年も暦上はだんだんと終わりに近づき、今年最後の月食をむかえます。 天文学上だと月食や日食は美しい現象ととりますが、占星術上の意味としては、月や太陽が隠れていく現象になるので 「素晴らしい時です!」といった風にはあまりとりません。あくまでも、そ […]

  • 2021年11月6日
  • 2021年11月6日

【Voice】修了生に聞いてみましたⒾ

基礎総合講座の修了生の声VoiceⒾです。 ホロスコープは占いだと多くの人達がそう思っていると思うのですが 占星術とは本来、まず人間を見ることが最優先です。 時には見たくもない人間の姿とホロスコープの一致を目の当たりにすることもあるでしょう。 ホロス […]

  • 2021年11月1日
  • 2021年11月1日

【ドラゴンヘッド】牡牛座の意味は五感や能力、居心地、他に忘れてはならない牡牛座の意味はコレ

早かったのか遅かったのかすらもよく分からないほど、体のだるさが著しかった10月でしたが 去年(山羊座木星)は10月でもよく動き回っていましたので、そう考えると、やはり水瓶座木星の影響を疑います。 私は自らの「金星」が今回なぜか強調されており、とにかく […]

  • 2021年10月28日
  • 2021年10月30日

世はまだ山羊座☽風の情報化社会では何が変わる?

【この記事は通常より長文です。読む忍耐を要されるため予めご了承ください】 先日の週末、ウィンドウショッピングで服の素材を見ていたらタヌキの毛が使われているものを初めて見ました。 さて、太陽が蠍座に入ってきました。私は見るyoutubeも固定されてきて […]

  • 2021年10月22日
  • 2021年10月24日

ちょっと、お茶でものんでって~占星術家の小日記~どんな流れ?2021年10月期獅子座下弦~蠍座新月

蕎麦のもりとざるは何が違うのか?と盛り方とか器が違うのかと思ったら、海苔がつくか、つかないかの違いだそう。 店によってはつゆに差をつけるところもあるそうです。 外出するとあらゆる無知を痛感するので、外に出るということは意外に大切なように思います。 さ […]

CATEGORY カテゴリごとの最新記事

>西洋占星術 基礎総合講座 全6回

西洋占星術 基礎総合講座 全6回

占星術の基礎知識である 星座(サイン)、ハウス、天体 角度(アスペクト)の意味を総合的に 学んでいく少人数制のレッスンです。